食べたい!と思ったらアッという間に焼ける蒸しパン

久しぶりに蒸しパンが食べたくなって作りました。
蒸しパンって小麦粉とベーキングパウダーと砂糖、基盤こういう3つさえあれば焼けるのでどうしても簡単です。
粉と砂糖、それと同容積の水を混ぜて、アルミカップなどに入れて10分間蒸すだけ。
うちは蒸し器がないので、フライパンに浅く水を張ってお皿を入れ、その上にアルミカップを乗せて蓋をして蒸している。

ベーキングパウダーは水やエモーションが加わると二酸化炭素が発生します。こういう気体によって布地がふかふか膨らむのだそうです。
膨らむ思いの丈は時間がたつと消えるので、布地を取り入れるときはいち早く、蒸すときは強火で少なくすると、再びふわふわ終わるようです。

今回はインスタントコーヒーを幾らか混ぜて、水の代わりに母乳を使って、カフェオレ蒸しパンにしました。
コーヒーの香りがしてふわふわで軽くてうまいだ。
蒸しパンは布地やトッピングの備えが永遠と言っていいぐらいあるので、また長々試してみたいなと思います。B-UP 取り扱い店