ベンジャミン・フランクリンのことや電気の地点

電気について教育しました。アメリカのベンジャミン・フランクリンは、雷雲が静電気を帯びていると考え雷雲に向かってタコをあげ、タコの糸を伝わって現れる雷鳴放電による電気をライデンびん(電気をたくわえられるびん)にたくわえることに成功しました。また、旦那は避雷針を考案しました。雷雲のインサイドを上に向かって吹くぶり(増量気流)によって吹き上げられる雲粒(水や細かい氷の粒)と、重力によって落下するあられ(氷の大きな粒)のスレによって静電気が生じあられが−、雲粒が+の電気を帯びます。こうして見せられた電気が一瞬のうちに地面などに移動する事態が雷光だ。静電気を地上や空気中に流して、雷鳴の怪我を少なくするためにつくられてある。導線の素材のメタルには、原子をはなれて自由に動くことの望める電子(リバティー電子)があります。このようなことを教育しましたが知らないこともあったので、更に電気の行いについて細かく引っかかるなと思いました。女 鼻の下 髭