テレビドラマで、銀座に残る風呂が紹介されていて、懐かしかっただ。

「孤立の美食」の湯船エディションともいうべき、「昼間のセント酒」を見ているのですが、この前、銀座にある湯船、「金春湯」が紹介されていました。

銀座にいらっしゃる企業に勤めていた内は、必要が終わると、息抜きとばかりに、銀座をまごまご歩いて、ウィンドー買い出しして、帰ったものです。

金春湯も、銀座の小路を歩いていた事例、発見して、「なんで、銀座に湯船が!入ってみたいけれど、お風呂付属、欠けるし、近くは、銀座らしき最適お業者ばかりなので、加わるのは、ちょこっと勇気がいるな〜」と思い、入ってみたいと思いながらも、やっと混ざることができませんでした。

ドラマで、まだ金春湯が存在していたのをわかり、懐かしく思いました。
銀座は、けっこう目まぐるしく、お業者が入れ替わるし、湯船もガンガン少なくなっているので、「既にないのかな〜」と思っていたのですが、とことん、銀座で営業していたので、また、「入ってい見たい」という意思が湧きました。

あの内は、若かったので、銀座の合間に居残る湯船にふらりと混じる勇気はなかったのですが、今は、中年になり、怒りも図太くなったので、平気です。

銀座に立ち寄った時折、どうしても、対話の洒落に入ってみたいと思います。http://www.stoppedout.net/